ホー?/a> > 製品 > 架台 > ソーラーシェアリング専用架台 >
ソーラーシェアリング用架台


ソーラーシェアリングとは、

3~4M位の高空に藤棚のように短冊状の太陽光パネルを搭載したソーラーシェアリング架台システムが誕生
耕作地に地上から3mの位置に藤棚の様に架台を設置し、短冊状の太陽光パネルに幅を持たせて並べ、営農を続けながら太陽光発電を行うことです。
作物にとって一定の量以上の太陽光は光合成に利用されず(光飽和点)、強い光は作物にとってかえってストレスとなります。また、遮光率は30%程度で作物の生育に支障がない様に考えられています。このソーラーシェアリングは日本の農業が抱えている農家の後継ぎ不足、農業従事者の高齢化、耕作放棄地などの諸問題を解決する可能性を持っています。

 植物には「光飽和点」というものがあり、ある一定以上の照度の光は光合成には影響を与えません。そこで農地の上に藤棚のように架台をつけて上部で太陽光発電を行うことにより、自然エネルギーと農業の両立が可能となります
 農林水産省はこれまで、農地への太陽光発電の設置は支柱部分が農地転用にあたるとして認めてきませんでしたが、2013年3月より条件付きで支柱部分の「一時転用」を認める方針を発表しました。


農営型パネル用高足架台システム 、ソーラーシェアリング専用架台システム

■ソーラーシェアリング架台の特徴
 
60m/sの風速を耐えられる強さ
支柱の距離を5~6mにし、農地に耕作機械の利用可能な空間が確保
支柱は簡易な構造で、技術的、経済的で、撤去も容易

■当社ソーラーシェアリング架台にあたり注意事項


・植物によって必要な日射量は異なりますので、遮光率が植物によって違います。
パネルの設置方法を自由に選択し、敷地に入る日射量を調整可能です。
パネルは、国内外さまざまなパネルメーカーのものが設置可能です。
 
 
・農作業が行いやすいように、人や農機の入る間口を確保必要です。例えば機械の旋回スペースが外輪郭以内に確保
・架台の高さは、農地の条件、耕作の要求、農業機械の高さによって調整可能です。

■当社のソーラーシェアリング架台のパターン

 
当社では、ソーラーシェアリング向けに架台は主に、下記の2タイプをオススメします。



■タイプA:三角連結式(
丸ごとアルミ式) ソーラーシェアリング架台

パネル支持材は三角構造アングルとなります。支柱、横ラック、レールは全てアルミ製で、基礎はスクリュー杭となります。
低予算、低圧、高圧案件に適したタイプです。
対象パネル:通常タイプパネル(長幅パネル)に適す


三角アングル(三角連結式)式はサネコオリジナル発想、美しい出来映えは施主様も大満足





■タイプB:丸ごと単管式
支柱、横管、斜め単管はすべて単管パイプとなり、クランプによる接続、基礎はスクリュー杭
 
低予算、低圧、高圧案件に適したタイプです。
対象パネル:ソーラーシェアリング専用パネル(細幅)に適す
 
※弊社オリジナル細幅ソーラーシェアリング専用モジュールをオススメいたします。
詳細についてはこちらまでご覧いただけます。
 
 
群馬県に設置した「SUNECO」専用モジュールを投入された1.131MW日本最大ソーラーシェアリングプロジェクトです。



設置例A(岩手県 1.4MW)↓



設置例A(佐賀県 125kw)↓



設置例B(佐賀県 73kw)↓




※農業地上の作物によって必要な日射量は異なり、お客様のご要望に応じて個別な設計から製造でも承ります。


単体はもちろん、連結して設置し、大規模の農地ソーラーシェアリングにも対応可能
基礎はスクリュー杭基礎、コンクリート基礎のどちらでも対応可能
ソーラーシェアリング専用架台に関するなら、当社にお任せください。
 

御見積依頼、ご相談、お問合せはinfo@suneco-techno.com また お問合せフォームへお願いいたします。

Copy Right (c) 2020 SUNECO TECHNO サネコテクノAll Rights Reserved.
粤ICP备14001637号    粤公网安备 44031102000024号