ホー?/a> > 製品 > 杭打ち機 > エレベーション!真っ直ぐ打ち込め >
エレベーション・杭打機リーダ




■真っ直ぐに打ち込める、垂直打てる油圧アタッチメント杭打ち機 施工効率は倍増!最速アタッチメント・油圧オーガー+エレベーション


スクリュー杭、H鋼基礎の打込み専用機械です。低圧案件は勿論、50Kw以上の高圧案件に最適です。
従来の油圧オーガーアタッチメントがバックホーに取り付けでスクリュー杭の打設ができますが、スピードが遅く効率的に施工できない不メリットがあります。

また、単純に油圧オーガーならまっすぐに打つことはなかなか上手く行きません。施工者の経験による大きな差別が出てます。未経験の方にとって、大変辛いです。
さらに、スクリュー杭がΦ76mmでないΦ114mmの場合、オーガーがだと、杭が重すぎて吊り下げなくなったり、工事に進まない場合があります。

この時、エレベーション付けた油圧オーガーがそれをすべて解決できます。
不整地、転石地など凸凹な地盤に対しても、左右、水平スイングの付加による微調整が可能となっています。
■専用杭打ち機・専用杭打設機
回転機能、昇降機能、オプション機能:左右スイング機能、水平スイング機能、打設機本体上下機能
岩盤掘削可能、杭打設可能、登板勾配:傾斜20°
対応地盤:傾斜地、積雪地、山岳、硬質地盤(岩盤・礫・玉石等)、軟弱地盤、沢、ゴルフ場、コンクリート・アスファルト舗装面、工場の跡地など



\

・高性能油圧オーガーを装備したエレベーション、優れた旋回性能と精確な位置決めができます。 
・垂直に打込み作業が容易に行え、施工のスピードがアップ!
・どの重機との取付は可能、取付はとても簡単!
・あらゆる形状のスクリュー杭との接続は可能!(フランジ有り、なしタイプ共に対応)
 


※延長サボーターの有無により対応するスクリュー杭の長さが変わっています。
※製造は中国国内に行うため、お取引は船便により日本の仕向け海港また ご指定国内場所にお渡しといたします。

※納品は船便により日本の何れの海港(いわゆるCIF)もしくは、現場まで(いわゆるDDU)に御引渡といたします。何れにしてもご対応可能ですので、お気軽にご相談ください。
・SE6000は一般的、5~6tの重機に適します、2~4tの重機でも駆動できますが、旋回速度がすこし落ちる傾向があります。
・エレベーション重機との取り付け寸法は重機によって違いますので、予めレンタル会社までお確かめください。
・スクリュー杭に関しては、当社製をオススメします、詳細についてはご相談ください。
・スクリュー杭との接続するアダプターは2セットが含まれます。 ・ホースはオープションとしてご用意いたします。
・半年無償保証期間付きます、詳細について弊社までお問合せください。

エレベーションをご購入、おカスタマイズをご検討の方、
御見積依頼、ご相談、お問合せは info@suneco-techno.com また 
お問合せフォーム へお願いいたします。
 


エレベーションの主要機能は油圧オーガーの回転動作です。またオーガーの昇降動作です。
■付加機能
スイング機能:重機のエレベーション(アタッチメント)に増設したシリンダーによる左右スイングを実現させます。傾斜面また凸凹な地盤での施工に適します。左右は最大30°でも可能です。
シリンダーの増設の他、リンク状な機構でもスイングを実現させます。左右は90°スイング可能です。



2017新仕様には、さらに進化した部材や機能を追加しました。
 2017年よりスクリュー杭・H鋼などのエレベーション杭打ち機には、下記の機能を加えてさらに進化しました。
 ①吊り上げ用ロープは金属チェーンによる耐久性アップさせます。(下図)
 ②操縦ハンドルを運転席に取付、操作性をより高めます。


重機(バックホー、ユンボ)との取付に確認となる寸法については、確認用シートを用意しています。確認項目について、レンタル会社までお問合せください。


 

 
ヨーロッパ、ロシア、オーストラリア等の地域に多数投入
上図は油圧オーガーが装備したエレベーションSE3000が YANMAR ViO25のバックホーに取付、グランドスクリュー杭の打設施工を行います。スピード的に挙げられ、一人作業でも可能となっています。お客様より好評を得られています。

大分県竹田市S社に向けてSE9000エレベーション(油圧オーガートルク:9000Nmが搭載)が出荷しました。
同社がコベルコSK135重機を駆使しメガソーラーの施工を行われています。スパイラル杭は通常のΦ76ではく、Φ114、長さ3mのスパイラル杭を使用されています。




下図が示した①、②、③、④の箇所にグリースまたはギヤオイルを定時補充することです。
なお、おカスタマイズの太陽光用杭アタッチメント(エレベーション)のスペックが異なりますので、個別の取付、メンテナンスガイドを用意しますので、ご連絡ください。



①レールとチェーンはリチウム基グリース(夏場は3#、冬場は2#)を工作時間の8時間毎に1回補充すること。
②SB3000本体にはVG220(DIN51519標準)ギアオイルを注入し(-15°以下の温度環境はVG150、+50°以上の温度環境はVG320を注入)2ヶ月毎に一回補充とする。オイル漏れの場合、シール交換を行うこと。またギアオイルを補充すること。
※日本は北海道以外の地域には、VG220ギヤオイルだけを使ってもOKです。

③各プーリー、ベアリングには、2 年に1 回交換される3#リチウム基グリースを交換すること。
④各ブッシングには、リチウム基グリース(夏場は3#、冬場は2#)を稼働時間の8時間毎に1回補充すること。(注入口がある)


 
■電磁弁は油圧を2路に分けてオーガーの上下移動(降昇)と左右スイング機能を実現するためのバルブです。
重機からの電気は電磁弁まで正しく接続することにより、上記の2機能を実現させます。スイッチは運転席に設置させ、スイッチを操作して上記の2作動を制御できます。
電磁弁による油圧を分岐し、エレベーションと左右スイング機能を実現させます。
以下は油圧ホースと電磁弁において電気接続案内です。

■油圧接続案内

【説明】取り外したアームの2本の配管は電磁弁のP,T接続口に、方向は要求とされない。
               A1,A2は1セットで、モーターに接続してください。
              B1,B2は1セットで、推進シリンダーに接続してください。
              電磁弁の配管はA1,A1は1セット、B1,B2は1セットに間違いないようにしてください。
              重機にある予備配管はブレーカーに接続してください。
■電気接続案内
接続盤を取り出して、3つの電極があります。
1、2のは任意の違う色の2種類のケーブルに繋がって、運転席に引き込み、スイッチの2端に接続してください。
電極3はアース線として重機のボディーに接続してください。
詳しい接続方法に関しては、別途接続案内①、②をご用意しますので、ご連絡ください。


エレベーションをご購入、おカスタマイズをご検討の方、
御見積依頼、ご相談、お問合せは info@suneco-techno.com また 
お問合せフォーム へお願いいたします。
Copy Right (c) 2020 SUNECO TECHNO サネコテクノAll Rights Reserved.
粤ICP备14001637号    粤公网安备 44031102000024号