ホーム > 会社情報 > ニュース・メディア > メディア >
2021年度のFIT価格が決まる、太陽光の入札は上限価格を公表へ
2021年度のFIT価格が決まる、太陽光の入札は上限価格を公表へ


 

経済産業省は2020年1月に調達価格等算定委員会を開催し、2021年度における再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)の買取価格案を公表。太陽光発電に関しては、入札制度における上限価格を公表する形式に変更するなどの制度変更が行われる。

2021年02月03日 
 

 
経済産業省は2020年1月に調達価格等算定委員会を開催し、2021年度における再生可能エネルギーの固定買取価格制度(FIT)の買取価格(以下、FIT価格)案を公表した。太陽光発電に関しては、入札制度における上限価格を公表する形式に変更するなどの制度変更が行われる。

2021年度も入札は250kW以上

 2021年度も太陽光発電のFIT価格を決める入札制度は、250kW以上を対象とする。入札対象外の太陽光発電について、まず10kW未満(余剰売電)については、2021年度のFIT価格を前年度より2円低い19円/kWh(税別、以下同)に、翌年の2022年度をさらに引き下げた17円/kWhとする方針だ。

 10kW以上50kW未満の低圧事業用業用は、2021年度12円/kWh、2022年度11円/kWhで、2020年度から1円ずつ引き下げに、50kW以上250kW未満の高圧案件は2021年度11円/kWh、2022年度10円/kWhで、こちらも2020年度の12円/kWhから1円ずつの引き下げとなった。

10kW以上50kW未満と、50kW以上250kW未満の2021/2022年度のFIT価格 出典:経済産業省

入札の上限価格は公表式に、廃棄費用も決定

 250kW以上を対象とする入札制度については、2021年度は年4回の実施を予定しており、前年度の倍となった。さらにこれまでは非公開だった入札上限価格を事前に公表する方式に変更となった。

 2020年度入札の上限価格は第6回が12円/kWh、第7回が11.5円/kWhだったが、2021年度の1回目にあたる第8回は11円/kWh、第9回は10.75円/kWh、第10回は10.50円/kWh、第11回は10.25円/kWhとなる。

入札制度の上限価格 出典:経済産業省

 なお、FITによる買取期間終了前の10年間に積み立てる廃棄費用については、2021年度、2022年度の認定分ともに10kW以上50kW未満は1.33円/kWh、50kW以上は0.66円/kWとの方針が示された。

近づくFIP制度、その対象規模を改めて整理

 2022年度からいよいよフィード・イン・プレミアム(FIT)制度の導入がスタートする。FIP制度は、再生可能エネルギー発電事業者が卸電力取引市場や相対取引で市場に売電した場合、基準価格(FIP価格)と市場価格の差額をプレミアムとして交付するという制度だ。

 2022年度から全面的にFIPに移行する太陽光発電の対象事業規模は、連系出力1MW以上とする方針が正式に示された。同年度から1MW以上は入札でFIP価格を決めることになる。

 50kW以上1MW未満の規模については、FITとFIPを選択できる仕組み。FITを選択する場合、250kW以上1MW未満については入札制度を、それ以外は10円/kWhの買取価格が適用されることになる。一方、FIPを選択した場合は10円/kWhが適用される。


2022年度におけるFIP制度とFIT制度の対象案件図 出典:経済産業省

 なお、「地域活用要件を満たす10kW以上50kW未満の低圧事業用」「10kW未満の住宅太陽光」は、引き続きIT制度に基づく固定価格での買い取りとなる。

 ただし、委員会では今後の方針として、以下の2点の方針を掲げた。

https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/2102/03/news040.html

Copy Right (c) 2020 SUNECO TECHNO サネコテクノAll Rights Reserved.
粤ICP备14001637号    粤公网安备 44031102000024号