ホーム > 設置実績 > 設計・技術 >
設計・技術


当社には、メガソーラーなどの大規模発電所向けに基礎・架台
の構造計算を提供してきたノウハウがあります。


敷地のレイアウトに基づき、設置地の基準風速、基準積雪の元に、
最適なアレイの割付、配列の概算から、架台の図面の作成、強度
シュミレーションまで、
全て無料にご依頼いただけます。
 
塩害地域、多雪地域、また傾斜地、営農型、水上設置型など過酷
な条件も数多く経験しており、高い設計力との評価をいただき、
特別高圧案件にも複数採用されるなど実績を重ねてまいりました。

 

お引合の初期段階では、概算価格を提示するための簡易設計の
提示に留まるのが一般的で、受注後の構造変更によるコスト増
のリスクがあります。

しかし当社では、業界において最新鋭の自動設計システム
で3次元フレーム解析による詳細設計が可能となります。
それが、強度シュミレーションです。

特高案件の工事計画届に使用可能なレベルの構造計算書を、
迅速に提示できます。全て無料対応させていただきます。





 

強力的な設計力、独自完成できるご安心いただける強度シュミレーション
サネコテクノ 架台の設計は敷地のレイアウトに基づき、設置地の基準風速、基準積雪の元に、最適なアレイの割付、配列の概算から、架台の図面の作成、強度シュミレーションまで、 経験豊富のエンジニアに全て無料にお任せいただけます。
支柱と支柱の間隔を長くするようシミュレーション値を上回った設計とし、万全を期します。長期的な強度を求め、他社のような弱い素材を用いることはありません。

 
無料設計、作図、強度シュミレーション
サネコテクノ 架台の設計は設置地の地表面粗度区分(※)また設置地の基準風速、基準積雪などに基づき、強度のシュミレーションを行います。
基準強度を上回る設計を施し、それによって斜め補強筋を使うどうかを判断できます。








地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン 抜粋

1.2 引用規格
JIS C 8955:2017 「太陽電池アレイ用支持物の設計用荷重算出方法」
1. 本ガイドラインは地上設置型の太陽光発電システムの基礎と架台の設計に適用する。
2. 対象とする基礎は、鉄筋コンクリート造の直接基礎または杭基礎とする。
3. 架台の構造は、鋼構造またはアルミニウム構造とする。
4. 構造設計は、許容応力度設計法に基づいて行う。
5. アレイの最高高さが9m を超えるものは除外する。

3.1 事前調査
基本事項:敷地調査は、事前調査(資料調査・現地調査)により適切に把握する

1. 資料調査では、国土地理院発行の地形図や土地条件図などの地図資料、既往地盤調査資
料および各種文献などを用いて基礎設計に必要な地盤の情報を収集する。
2. 地名や植生などは、地域に固有な地盤条件を知る資料として有益である。
3. 小規模構造物の地震被害には、地盤条件に起因するものが多く、その危険性について調
べる。
1. 現地調査では、調査地を中心として周辺の観察を行い、資料調査の結果と照合しながら
敷地の地盤状況を把握する。
2. 現地調査では、地形や造成盛土などの状況から、地盤の安全性や不同沈下の危険性につ
いて評価する。

3.5 地盤調査
太陽電池架台の基礎の設計にあたっては、事前調査結果をふまえて地盤調査を実施し、
設計に必要な工学的性質に関する情報を収集する。

軽量な太陽電池架台といえども地盤の状況によっては不同沈下が生ずる。また杭基礎を採
用する場合には、十分な支持力(圧縮力・引抜力・水平力)が必要となる。
太陽電池架台の設計では、中規模以上の建築物のように地盤調査に十分な費用がかけられ
ない状況にあるので、3-1 で述べたように充実した事前調査を実施し、その結果を踏まえて
地盤調査や土質試験を実施する必要がある。
地盤調査方法には、標準貫入試験、スウェーデン式サウンディング試験、簡易動的貫入試
験などがある。
また、地盤の許容支持力を原位置にて測定する方法として平板載荷試験がある。

地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン のダウンロードはこちら



スウェーデン式サウンディング試験方法<日本工業規格JIS A1221>


スウェーデン式サウンディング試験方法は地盤調査の一つの方法として、
地盤への適正な調査結果により、最適なソーラー架台の基礎を選定し、

現地の基準風速、基準積雪に合わせて、強度以上の架台の設計、部材の
選定を行うことができます。





Copy Right (c) 2016 SUNECO TECHNO サネコテクノAll Rights Reserved.
粤ICP备14001637号    粤公网安备 44031102000024号